心理学用語

妥当性の錯覚とは、自分の判断や予測が正確であると思い込む認知バイアスです。人は、自分の経験や知識に基づいて判断を下しますが、その判断が必ずしも正しいとは限りません。しかし、人は自分の判断が正しいと思い込む傾向があり、そのために間違いを犯してしまうことがあります。

妥当性の錯覚は、様々な場面で起こりえます。例えば、株式投資において、過去の値動きを参考にして将来の値動きを予測することがあります。しかし、過去の値動きは将来の値動きを保証するものではありません。にもかかわらず、人は過去の値動きを参考にして将来の値動きを予測し、その結果、間違いを犯してしまうことがあります。

また、ビジネスにおいても、妥当性の錯覚は起こりえます。例えば、新製品を開発する際に、市場調査を行い、その結果に基づいて新製品を開発することがあります。しかし、市場調査の結果は必ずしも正しいとは限りません。そのため、市場調査の結果に基づいて新製品を開発しても、必ずしも成功するとは限りません。

妥当性の錯覚を避けるために、自分の判断や予測を過信しないようにすることが大切です。また、自分の判断や予測を客観的に評価するために、他の人の意見を聞いたり、データを分析したりすることが大切です。

妥当性の錯覚は、誰にでも起こりうる認知バイアスです。しかし、そのことを意識することで、妥当性の錯覚を避けることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.