心理学用語

ジャムの法則とは、選択肢が多すぎると、逆に選択が難しくなるという心理現象です。1995年にコロンビア大学のシェイナ・アイエンガー教授によって提唱されました。

アイエンガー教授は、スーパーマーケットで6種類のジャムの試食を用意した実験を行いました。その結果、6種類のジャムの試食を用意したグループは、2種類のジャムの試食を用意したグループに比べて、ジャムを買う確率が低いことがわかりました。

この結果から、選択肢が多すぎると、人はどれを選んだらいいか迷ってしまい、結局何も選ばないという心理現象が起こることがわかりました。この心理現象は、ジャムの法則と呼ばれています。

ジャムの法則は、マーケティングやビジネスにおいても重要な概念です。例えば、商品を販売する際には、選択肢が多すぎると、顧客はどれを選んだらいいか迷ってしまい、結局何も買わないという可能性があります。そのため、商品を販売する際には、選択肢を絞り込むことが重要です。

また、ジャムの法則は、私たちの日常生活においても起こりうる現象です。例えば、食事を決めるときに、メニューが多すぎると、どれを選んだらいいか迷ってしまい、結局何も食べないという可能性があります。そのため、食事を決めるときには、メニューを絞り込むことが重要です。

ジャムの法則は、私たちの意思決定に大きな影響を与える心理現象です。この現象を理解することで、より良い意思決定を行うことができます。

以下に、ジャムの法則の原因と対策について、詳しく説明します。

**原因**

ジャムの法則の原因は、以下のとおりです。

* 選択肢が多すぎると、人はどれを選んだらいいか迷う。

* 人は、選択肢が多すぎると、満足度が低くなる。

* 人は、選択肢が多すぎると、後悔するリスクが高くなる。

**対策**

ジャムの法則を回避するには、以下の対策を講じることができます。

* 選択肢を絞り込む。

* 選択肢をわかりやすく伝える。

* 選択肢のメリットを強調する。

* 選択肢のリスクを低減する。

ジャムの法則は、私たちの意思決定に大きな影響を与える心理現象です。この現象を理解することで、より良い意思決定を行うことができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.