心理学用語

感情転移とは、患者が抱えている感情を、セラピストに対して抱く現象です。患者は、セラピストに対して、自分が抱いている感情を、そのまま投影するのです。たとえば、患者が、セラピストに対して、怒りの感情を抱く場合、患者は、セラピストに対して、怒鳴ったり、批判したりすることがあります。また、患者が、セラピストに対して、愛情の感情を抱く場合、患者は、セラピストに対して、甘えたりすることがあります。

感情転移は、患者にとって、とても重要な現象です。なぜなら、感情転移は、患者が、自分の感情を認識し、理解するきっかけになるからです。患者は、セラピストに対して感情転移を起こしたとき、自分の感情を、セラピストから言葉で返されます。このとき、患者は、自分の感情を、客観的に見つめることができるようになります。

感情転移は、セラピストにとっても、とても重要な現象です。なぜなら、感情転移は、セラピストが、患者の無意識の部分を理解するきっかけになるからです。セラピストは、患者の感情転移を、分析することで、患者の無意識の部分を理解することができます。この理解は、患者の治療を進めるうえで、とても重要です。

感情転移は、セラピストと患者の間で起こる、とても重要な現象です。セラピストと患者が、感情転移をうまく理解し、対処することで、患者は、自分の感情を理解し、成長することができます。

感情転移には、以下の3つの種類があります。

* 正の感情転移:患者が、セラピストに対して、愛情や感謝などのポジティブな感情を抱く場合です。

* 負の感情転移:患者が、セラピストに対して、怒り、憎しみ、嫉妬などのネガティブな感情を抱く場合です。

* 転移抵抗:患者が、セラピストに対して、感情転移を起こすことを、意識的に抑制しようとする現象です。

感情転移は、セラピストと患者の間で起こる、とても自然な現象です。しかし、感情転移が、患者の治療を妨げる場合もあります。このような場合は、セラピストは、患者に、感情転移について説明し、対処法を一緒に考えます。

感情転移は、セラピストと患者の間で起こる、とても貴重な現象です。セラピストと患者が、感情転移をうまく理解し、対処することで、患者は、自分の感情を理解し、成長することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.