心理学用語

特性帰属バイアスとは、他人の行動を、その人の性格や能力に帰属させる傾向です。このバイアスは、私たちが他人の行動を理解し、予測するために役立ちますが、誤った判断につながることもあります。

特性帰属バイアスの例をいくつか挙げてみましょう。

* テストで良い点数を取った学生を、頭が良いと評価する。

* 仕事で失敗した人を、能力が低いと評価する。

* 電車で席を譲らなかった人を、冷たい人だと評価する。

これらの例では、いずれも他人の行動を、その人の性格や能力に帰属させています。しかし、実際には、他人の行動には、性格や能力以外にも、様々な要因が影響している可能性があります。例えば、テストで良い点数を取った学生は、勉強を頑張ったという努力の結果かもしれませんし、仕事で失敗した人は、不運な状況に遭遇したのかもしれません。電車で席を譲らなかった人は、疲れていたり、急いでいたりするのかもしれません。

特性帰属バイアスは、私たちが他人の行動を理解し、予測するために役立ちますが、誤った判断につながることもあります。そのため、特性帰属バイアスを認識し、その影響に注意することが大切です。

特性帰属バイアスを克服するには、以下の点に注意しましょう。

* 他人の行動を、その人の性格や能力にばかり帰属させないようにする。

* 他人の行動の背後にある様々な要因を考慮する。

* 他人の行動を理解するために、相手の話をよく聞く。

* 他人の行動を評価する前に、自分のバイアスを自覚する。

特性帰属バイアスは、私たちの日常生活に様々な影響を与えています。しかし、特性帰属バイアスを認識し、その影響に注意することで、より正確な判断を下し、より良い人間関係を築くことができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.