心理学用語

新近効果(しんきんこうか)とは、人間が何かを記憶する際に、最後に与えられた情報や、直前に与えられた情報に強く影響を受けるという心理学的な現象です。

新近効果は、1976年にアメリカの心理学者ノーマン・H・アンダーソンによって提唱されました。アンダーソンは、被験者に一連の単語を順番に提示し、その単語を覚えてもらう実験を行いました。その結果、被験者は最後に提示された単語や、直前に提示された単語を覚えている確率が高かったという結果を得ました。

新近効果は、記憶の特性によって説明されます。人間の記憶は、短期記憶と長期記憶に分類されます。短期記憶は、数秒から数分間しか保持することができません。一方、長期記憶は、数か月から数十年間保持することができます。

新近効果は、短期記憶の特性によって説明されます。短期記憶は、新しい情報に上書きされやすいため、最後に提示された情報や、直前に提示された情報は、より鮮明に記憶されます。

新近効果は、マーケティングや販売などの場面で活用されています。例えば、商品の広告では、最後に商品の特徴やメリットを訴求することで、商品の印象を良くすることができます。また、販売員は、商品の説明を最後に行うことで、商品の購入を促すことができます。

新近効果は、人間の心理学的な現象であるため、マーケティングや販売などの場面で効果的に活用することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.