心理学用語

六次の隔たり(ろくじのへだたり)とは、世界中の人々は、知り合いの知り合いをたどっていくと、6人目でつながるという仮説です。この仮説は、1929年にハーバード大学の社会学者であるハーバード・ウィリアム・セオドア・ソロモンが提唱したものです。ソロモンは、アメリカの各都市に住む18,000人以上の人々にアンケートを行い、その結果から、世界中の人々は、平均して6人目でつながることを発見しました。

この仮説は、その後、多くの研究者によって検証されてきました。その結果、ソロモンの調査結果は、世界中の多くの国や地域で、広く支持されています。例えば、1967年にハーバード大学の心理学者であるスタンレー・ミルグラムが行った実験では、アメリカのボストンとオマハの2つの都市に住む人々に、手紙を送り、6人以内の知り合いを介して、相手の元に手紙を届けてもらうという実験を行いました。その結果、手紙は96%の確率で、6人以内の知り合いを介して、相手の元に届きました。

六次の隔たりは、世界中の人々が、密接につながっていることを示しています。これは、インターネットや携帯電話などの通信技術の進歩によって、人々のつながりがより強くなったことも一因です。また、人々が旅行や留学をする機会が増えたことも、六次の隔たりを小さくする要因となっています。

六次の隔たりは、私たちの生活にも影響を与えています。例えば、ビジネスにおいては、六次の隔たりを活用して、新しいビジネスチャンスを探したり、新しい顧客を開拓したりすることができます。また、教育においては、六次の隔たりを活用して、世界中の人々と交流したり、新しい知識を学んだりすることができます。

六次の隔たりは、世界中の人々が、密接につながっていることを示す仮説です。この仮説は、私たちの生活にも様々な影響を与えています。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.