心理学用語

ハリネズミのジレンマとは、ドイツの哲学者ショーペンハウアーが著書『人間性の探求』の中で提示した概念です。これは、ハリネズミが寒い冬に近づきすぎると、互いの針で傷つけてしまうことから、お互いに距離を保とうとする様子を比喩したものです。

この概念は、人間関係においても当てはまります。人間は、誰かと親密になりたいという気持ちと、他人に傷つけられたくないという気持ちの両方を持ち合わせています。この二つの気持ちが相反する時、ハリネズミのジレンマに陥ります。

ハリネズミのジレンマを解決するためには、お互いの距離感を調整する必要があります。近づきすぎると傷つけられるかもしれませんが、離れすぎると孤独になってしまうでしょう。お互いに適度な距離を保ち、尊重し合うことが大切です。

ハリネズミのジレンマは、人間関係における普遍的な問題です。この問題を解決するためには、お互いの理解と努力が必要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.