心理学用語

3Bの法則とは、広告表現の中で、美人(Beauty)、赤ちゃん(Baby)、動物(Beast)を使うと、人の目を引きやすく、好感を持たれやすいという法則のこと。この法則は、広告業界では古くから経験則として知られており、2000年以前から常識とされていた。インターネット広告においても効果があると考えられており、バナー広告などのアイキャッチで3Bの要素が使用されていることが多い。

3Bの法則が効果的なのは、以下の理由が挙げられます。

* 美人は、人にとって本能的に好感を抱くものである。

* 赤ちゃんは、無邪気で愛らしい存在であり、人々の心を癒す。

* 動物は、人間に親しみやすく、癒しを与えてくれる。

これらの要素を広告に使用することで、人々の注意を引きつけ、好感を抱かせることができます。そのため、3Bの法則は、広告効果を高めるために効果的な手法であると言えます。

ただし、3Bの法則を過信することは禁物です。3Bの要素が必ずしも広告効果を高めるとは限らず、広告の目的やターゲット層によっては、効果が薄い場合もあります。そのため、3Bの法則を活用する際には、広告の目的やターゲット層を明確に定め、効果を測定しながら運用することが重要です。

3Bの法則は、広告効果を高めるための有効な手段の一つです。しかし、3Bの要素が必ずしも効果的とは限らず、広告の目的やターゲット層を明確に定め、効果を測定しながら運用することが重要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.