心理学用語

アイコンタクトは、コミュニケーションにおいて重要な役割を果たします。アイコンタクトとは、相手の目を見ることです。アイコンタクトは、相手に自分の存在を認めてもらい、信頼関係を築くために有効です。

アイコンタクトの原理は、視線がコミュニケーションの重要な要素であるということです。視線は、相手の考えや感情を読み取る手がかりになります。また、視線を合わせることで、相手に自分の意思や感情を伝えることができます。

アイコンタクトには、以下の効果があります。

* 信頼関係を築く

* 権威や威厳を示す

* 相手の注意を引く

* 説得力を高める

* 緊張をほぐす

アイコンタクトは、ビジネスシーンやプライベートシーンで、幅広く活用することができます。例えば、ビジネスシーンでは、アイコンタクトをすることで、相手に信頼感や誠実さを伝えることができます。また、プライベートシーンでは、アイコンタクトをすることで、相手との親密さを深めることができます。

アイコンタクトを効果的に行うためには、以下のポイントを押さえましょう。

* 相手の目を見すぎると、威圧感を与えてしまうため、注意しましょう。

* 相手の目を見る時間は、3〜5秒程度が最適です。

* 相手の目を見ながら話すことで、相手に自分の意思や感情を伝えることができます。

* アイコンタクトをしながら、相手の表情や仕草に注意しましょう。

アイコンタクトは、コミュニケーションにおいて重要な役割を果たします。アイコンタクトを効果的に行うことで、相手との信頼関係を築き、より良いコミュニケーションを実現することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.