心理学用語

自動化バイアス(Automation Bias)とは、自動化されたシステムに対して過度に信頼したり依存したりしてしまう傾向のことです。自動化されたシステムは、人間よりも正確で効率的であるというイメージが強いため、人間は自動化されたシステムに間違いがないと信じてしまい、自分で判断する能力を失ってしまうことがあります。

自動化バイアスは、様々な場面で問題を引き起こす可能性があります。例えば、自動運転車が自動化バイアスによって誤った判断を下し、事故を起こしてしまう可能性があります。また、自動化されたシステムが人種や性別などの差別的な判断を下してしまう可能性もあります。

自動化バイアスを防ぐためには、自動化されたシステムの限界を理解することが重要です。自動化されたシステムは、人間が作成したプログラムに基づいて動作しています。そのため、プログラムに組み込まれたバイアスが自動化されたシステムにも反映される可能性があります。また、自動化されたシステムは、人間が行うことができるすべての判断を実行できるわけではありません。そのため、自動化されたシステムに過度に依存することは避けるべきです。

自動化バイアスを防ぐためには、自動化されたシステムと人間が協働して意思決定を行うことが重要です。自動化されたシステムは、人間が行うことができるよりも多くの情報を処理することができます。そのため、自動化されたシステムは、人間の判断を補完する役割を果たすことができます。一方で、自動化されたシステムは、人間が行うことができるすべての判断を実行できるわけではありません。そのため、自動化されたシステムと人間が協働して意思決定を行うことで、より正確で公正な判断を行うことができます。

自動化バイアスは、自動化されたシステムの普及に伴い、ますます問題となる可能性があります。自動化バイアスを防ぐためには、自動化されたシステムの限界を理解し、自動化されたシステムと人間が協働して意思決定を行うことが重要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.