心理学用語

テンション・リダクション効果とは、緊張状態から解放されたときに、注意力が散漫になり、一時的に無防備になってしまう心理状態です。この効果は、マーケティングにおいてよく使われており、商品の販売促進に効果的です。

たとえば、高額な商品を販売する際に、その商品とセットで別の商品を販売すると、お客様はセット商品の購入を検討する可能性が高くなります。これは、高額な商品を購入したという緊張状態から解放された反動で、注意力が散漫になり、ついつい別の商品も購入してしまうためです。

また、テンション・リダクション効果は、お客様の購買意欲を高めるためにも効果的です。たとえば、お客様が商品を検討しているときに、店員が「この商品は、他にもこんな商品がありますよ」と、関連する商品を勧めると、お客様は関連商品の購入を検討する可能性が高くなります。これは、店員の勧めによって、お客様は商品の購入を決断する緊張状態から解放され、注意力が散漫になり、ついつい関連商品も購入してしまうためです。

テンション・リダクション効果は、マーケティングにおいて非常に効果的な心理効果です。しかし、この効果を悪用すると、お客様に不快な思いをさせてしまう可能性があります。そのため、テンション・リダクション効果を利用する際には、お客様の立場に立って、適切に使用する必要があるでしょう。

以下に、テンション・リダクション効果を利用する際の注意点をいくつか挙げておきます。

* お客様の立場に立って、適切に使用する。

* お客様に不快な思いをさせないようにする。

* 過度に使用しないようにする。

テンション・リダクション効果を正しく理解し、適切に使用することで、マーケティング活動を効果的に行うことができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.