心理学用語

システム正当化バイアスとは、現状の社会や制度が正当で、自分はそこに属すると信じ込む心理的傾向です。このバイアスは、人々が現状に不満や不公平を感じている場合でも、現状を受け入れ、変化を起こそうとしない原因となります。

システム正当化バイアスは、社会心理学者のジョセフ・ハーゲンにより提唱された理論です。ハーゲンは、人々は自分の所属するグループや社会の価値観を内面化し、その価値観と一致しない事実や情報を無視したり、解釈を変えたりすることで、現状を正当化しようとすると説きました。

システム正当化バイアスは、様々な場面で観察されています。例えば、貧困や差別などの社会問題に対して、人々は「貧しい人は怠惰だから貧しいのだ」「差別されている人は能力がないから差別されているのだ」など、現状を正当化するような発言をすることがあります。また、職場においては、昇進や昇給で不公平な扱いを受けた人が、自分の能力不足を理由に現状を受け入れてしまうことがあります。

システム正当化バイアスは、人々が現状を変えようとしない原因となります。なぜなら、現状を正当化することで、人々は現状に不満や不公平を感じることがなくなるからです。そのため、システム正当化バイアスが働いている場合、人々は現状を改善するための行動を起こさず、現状を受け入れてしまいます。

システム正当化バイアスを克服するには、現状を客観的に分析し、問題点を明らかにすることが重要です。また、人々が現状を変えようとしない理由を理解し、その理由を解決するような施策を講じることも重要です。

システム正当化バイアスは、人々の行動に大きな影響を与える心理的傾向です。このバイアスを理解し、克服することで、人々が現状を変えようとし、より良い社会を実現するために行動することが期待されます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.