心理学用語

見捨てられ不安とは、愛する人が自分を見捨ててしまうのではないかという不安や恐怖です。この不安は、幼少期に親や大切な人に愛情を十分に受けなかった経験が影響していることが多いと言われています。

見捨てられ不安がある人は、パートナーや友人から少しでも距離を感じると、すぐに不安になってしまいます。また、相手の言動を過剰に解釈し、自分を見捨てようとしているのではないかと考えてしまうこともあります。

見捨てられ不安は、日常生活に支障をきたすほど重症化することもあります。例えば、パートナーや友人と距離を置いたり、人付き合いを避けたり、過食や暴飲暴食などの摂食障害に陥ったりすることもあります。

見捨てられ不安を克服するためには、まずは自分の不安の原因を理解することが大切です。その上で、不安をコントロールするための方法を学ぶ必要があります。例えば、深呼吸やリラックス法、認知行動療法などがあります。

また、見捨てられ不安を克服するためには、自分の価値を認めることも大切です。自分は愛されるべき人間であり、自分を愛してくれる人は必ずいるということを信じましょう。

見捨てられ不安は、辛い症状ですが、克服することは可能です。自分を信じ、少しずつ努力することで、不安のない人生を送ることができるようになります。

以下に、見捨てられ不安の症状をいくつか挙げます。

* パートナーや友人から離れたくない

* パートナーや友人が自分を見捨ててしまうのではないかという不安や恐怖

* パートナーや友人の言動を過剰に解釈する

* パートナーや友人と距離を置く

* 人付き合いを避ける

* 過食や暴飲暴食などの摂食障害に陥る

もし、これらの症状に当てはまる場合は、見捨てられ不安の可能性があります。早めに専門家に相談し、治療を受けることが大切です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.