心理学用語

オフビート話法とは、会話の流れに反して、意図的に違和感を作り出すことで、相手を驚かせたり、笑わせたりする話法です。

オフビート話法は、会話の流れを意図的に変えることで、相手に驚きや笑いを生み出すことができます。例えば、会話が真面目な内容になっていても、突然笑える話をしたり、冗談を言ったりします。また、会話の流れに反して、全く関係のない話をしたり、話題を変えたりすることもあります。

オフビート話法は、会話に変化や面白みを与えることができます。また、相手を驚かせたり、笑わせたりすることで、親密感や信頼感を築くことができます。しかし、オフビート話法は、使い方を間違えると、相手に不快感を与えてしまうこともあります。そのため、オフビート話法を使うときは、相手をよく観察し、タイミングを見計らうことが大切です。

オフビート話法を使うときのポイントは、以下の通りです。

* 相手をよく観察し、タイミングを見計らう。

* 話の内容が過激すぎないように注意する。

* 相手の反応をよく見て、必要なら話を中止する。

オフビート話法は、上手に使うと、会話に面白みや変化を与えることができます。しかし、使い方を間違えると、相手に不快感を与えてしまうこともあります。そのため、オフビート話法を使うときは、相手をよく観察し、タイミングを見計らうことが大切です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.