心理学用語

ラベリング理論は、犯罪や非行などの逸脱行動が、社会的なラベルによって生み出されるとする理論です。この理論は、1960年代にシカゴ学派のハワード・ベッカーによって提唱されました。

ラベリング理論によれば、逸脱行動は、社会的なルールや規範に違反する行動であるが、その行為が必ずしも逸脱者を生み出すわけではないとしています。逸脱者を生み出すのは、社会的なラベルです。社会的なラベルとは、犯罪者、非行少年、精神病患者など、特定の個人や集団に貼られるレッテルです。

ラベリングを受けると、その個人や集団は、社会的な排除や差別を受けるようになります。これにより、逸脱者は自分自身を逸脱者であると認識し、逸脱行動を繰り返すようになります。

ラベリング理論は、犯罪や非行の予防や対策に重要な役割を果たす可能性があります。ラベリングを避けるために、社会的な排除や差別をなくし、逸脱者を社会に受け入れる環境を整えることが重要です。

ラベリング理論は、犯罪や非行の原因を解明する上で、重要な視点を提供しています。この理論は、犯罪や非行の予防や対策に役立つだけでなく、社会の公正や平等を実現するためにも重要です。

ラベリング理論には、いくつかの批判もあります。たとえば、ラベリング理論は、逸脱行動の原因を個人の責任に帰す傾向があるという批判があります。また、ラベリング理論は、逸脱行動を社会構造の問題として捉えていないという批判もあります。

しかし、ラベリング理論は、犯罪や非行の原因を解明する上で、重要な視点を提供している理論です。この理論は、犯罪や非行の予防や対策に役立つだけでなく、社会の公正や平等を実現するためにも重要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.