心理学用語

共有情報バイアス(shared information bias)とは、集団の意思決定において、集団のメンバー全員が共有している情報に過度に依存する傾向を指す。このバイアスにより、集団は非共有情報(集団のメンバーの一部にしか知られていない情報)を十分に考慮せずに意思決定を行うことになる。

共有情報バイアスは、集団の意思決定の質を低下させる原因の一つである。このバイアスにより、集団はより良い意思決定を行うための情報を十分に得ることができず、誤った決定を下すリスクが高まる。

共有情報バイアスは、いくつかの要因によって生じることが知られている。一つは、集団のメンバーが非共有情報について話し合うことを避ける傾向があることである。これは、非共有情報について話し合うことは、自分の意見が間違っていることを認めるようなものであると考えるためである。また、集団のメンバーは、共有情報について話し合うことがより安全で簡単であると考える傾向がある。

共有情報バイアスを軽減するためには、集団のメンバーが非共有情報について話し合うことを促すことが重要である。これは、集団のメンバーが非共有情報について話し合うことを安全で簡単な環境を作ることで行うことができる。また、集団のメンバーが自分の意見が間違っていることを認めることを恐れないようにすることが重要である。

共有情報バイアスは、集団の意思決定の質を低下させる原因の一つである。このバイアスを軽減するためには、集団のメンバーが非共有情報について話し合うことを促すことが重要である。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.