心理学用語

優越性の追求とは、人間の普遍的な欲求の一つで、常により良い自分になりたいという欲求です。この欲求は、アドラー心理学において、人間の行動を動機付ける最も重要な原動力の一つとされています。

アドラーは、人間は生まれながらにして劣等感を抱いていると説きました。これは、人間が常に成長し、変化しようとする生き物であるためです。劣等感を抱くことで、人は成長し、新しい能力を獲得することができます。

優越性の追求は、この劣等感を克服するために生まれるものです。人は、自分の劣等感を克服するために、努力し、成長し、より良い自分になるために努力します。この努力が、優越性の追求です。

優越性の追求は、人間を成長させ、社会に貢献する力を与えてくれます。人は、優越性の追求によって、自分の能力を最大限に発揮し、社会に貢献することができます。優越性の追求は、人間の生きる目的の一つであると言えます。

優越性の追求は、人間の成長と社会への貢献につながる重要な原動力です。この原動力を活かして、より良い自分になり、社会に貢献していきましょう。

以下に、優越性の追求の具体的な例をいくつか挙げてみます。

* 勉強や仕事で努力する

* スポーツや芸術で優秀を目指す

* 社会貢献活動に取り組む

* 家族や友人を大切にする

* 自分自身を成長させるために努力する

これらの例は、優越性の追求のほんの一例に過ぎません。優越性の追求は、人それぞれに異なる形で表れます。しかし、優越性の追求の原動力は、常に同じです。それは、より良い自分になり、社会に貢献したいという欲求です。

優越性の追求は、人間の成長と社会への貢献につながる重要な原動力です。この原動力を活かして、より良い自分になり、社会に貢献していきましょう。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.