心理学用語

自己関連付け効果(self-reference effect)とは、ある情報について、自分自身と関連づけて考えたり、自分自身と関連づけて記憶したりする効果です。具体的には、自分自身と関連のある情報は、そうでない情報よりも記憶に残りやすいという現象です。

自己関連付け効果は、1977年にRogers et al.によって初めて報告されました。彼らは、被験者に対して、いくつかの単語を読み上げて、その単語について自分自身と関連づけて考えてもらったり、そうでない方法で考えてもらったりしました。その結果、自分自身と関連づけて考えてもらった単語は、そうでない単語よりも記憶に残りやすいことが明らかになりました。

自己関連付け効果は、記憶のみならず、学習や判断にも影響を与えることが分かっています。例えば、自分自身と関連のある情報を学習するときは、そうでない情報を学習するよりも、より効率的に学習することができます。また、自分自身と関連のある情報について判断を下すときは、そうでない情報について判断を下すよりも、より正確な判断を下すことができます。

自己関連付け効果は、人間の認知の特徴の一つです。自分自身と関連のある情報は、そうでない情報よりも、より注意を払ったり、記憶したり、学習したり、判断したりする傾向があります。これは、人間が自分自身を守り、成長するために、自分自身に関連のある情報に注意を払う必要があるためと考えられています。

自己関連付け効果は、私たちの日常生活において、様々な場面で役立っています。例えば、新しいことを学ぶとき、新しい仕事に就くとき、新しい人間関係を築くときなどに、自己関連付け効果を活用することで、より効率的に学習したり、より正確な判断を下したりすることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.