心理学用語

ルシファー効果とは、権力や地位を与えられた人が、それによって道徳的に堕落し、悪事を働くようになるという現象です。1971年にスタンフォード大学で行われたスタンフォード監獄実験で初めて観察され、その後、多くの研究でその存在が確認されています。

スタンフォード監獄実験では、被験者を看守役と囚人役に分け、仮想の刑務所の中で2週間過ごしてもらいました。看守役は囚人役に対して、暴言や暴力、人権侵害などの行為を行いました。この結果、看守役は徐々に冷酷で残虐な性格になっていきました。

ルシファー効果は、権力や地位を与えられた人が、それによって自分を正当化したり、他人を支配したりする欲求が強くなるためと考えられています。また、権力や地位を与えられた人は、他人の評価を気にしなくなるため、自分の行動を抑制する力が弱くなることも影響していると考えられています。

ルシファー効果は、組織や社会において深刻な問題を引き起こす可能性があります。例えば、権力を持った人が、その力を悪用して不正や犯罪を行う可能性があります。また、権力を持った人が、その力を他人に押し付け、暴力や虐待を行う可能性があります。

ルシファー効果を防ぐためには、権力や地位を適切に管理し、権力を持った人を教育・監督することが重要です。また、権力を持った人が自分の行動を振り返り、道徳的に行動することを促すことも重要です。

ルシファー効果は、人間の性質の一部です。しかし、それを理解し、対策を講じることで、その影響を抑えることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.