心理学用語

社会的ジレンマとは、社会において、個人の合理的な選択が社会としての最適な選択と一致せず、社会全体にとって不利益な結果をもたらすような状況を指します。

社会的ジレンマの典型的な例としては、公害、環境問題、交通渋滞、いじめなどが挙げられます。

これらの問題は、個人の利己的な行動が社会全体に悪影響を及ぼすという点で共通しています。

例えば、公害問題では、個人が自分の家や会社で排出する排気ガスや廃棄物を減らすことは、環境に良い影響を与えます。しかし、個人が排気ガスや廃棄物を減らすことで、自分の生活に不便が出ることもあります。そのため、多くの人は、排気ガスや廃棄物が少ない車や家電製品を買ったり、ゴミを減らす努力をしたりすることはしません。

このように、個人の合理的な選択が社会全体にとって不利な結果をもたらす場合、社会的ジレンマが生じます。

社会的ジレンマを解決するためには、個人の利己的な行動を抑制し、社会全体の利益を優先するような行動を促す必要があります。

そのためには、政府や企業が社会的ジレンマの解決に積極的に取り組む必要があります。

また、個人も社会的ジレンマについて理解し、社会全体の利益のために行動するよう心がけることが大切です。

社会的ジレンマは、私たちが直面している多くの社会問題の根底にある問題です。社会的ジレンマを解決するためには、個人、政府、企業が協力して取り組むことが必要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.