心理学用語

幸せ恐怖症(cherophobia)とは、幸福になることを恐れる不安障害の一種です。幸福になる状況を避け、常にネガティブな思考をしてしまう特徴があります。幸せ恐怖症の人は、幸福になることを恐れる理由は様々ですが、以下のようなことが考えられます。

* 過去に幸福な経験をした後、何か悪いことが起こったため、幸福になることを恐れている。

* 幸福になることは、自分にとって不自然であり、違和感があるため、恐れている。

* 幸福になることは、自分にとって危険であり、害を及ぼす可能性があるため、恐れている。

幸せ恐怖症の人は、幸福になることを恐れているため、以下のような症状を訴えることがあります。

* 幸せになる状況を避ける。

* 常にネガティブな思考をする。

* 不安感や焦燥感を感じる。

* 疲労感や倦怠感を感じる。

* 食欲不振や体重減少を感じる。

* 不眠症を起こす。

幸せ恐怖症は、早期に治療を開始することで改善が期待できます。治療方法には、薬物療法と認知行動療法が一般的に用いられます。薬物療法では、不安や抑うつ症状を改善する薬が用いられます。認知行動療法では、幸せ恐怖症の原因となる思考や行動を修正していくことで、幸せになることを恐れなくなるように訓練します。

幸せ恐怖症は、誰にでも起こりうる不安障害です。もし、あなたが幸福恐怖症の症状を訴えている場合は、早めに専門医に相談することをお勧めします。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.