心理学用語

被害者非難とは、犯罪や暴力などの被害者に対して、その被害の責任を一部または全部を被害者自身に負わせることです。被害者非難は、被害者を二次被害に遭わせ、さらに被害を拡大させる恐れがあります。

被害者非難には、さまざまな理由があります。一つは、加害者を守ろうとする心理です。加害者を守るために、被害者を非難することで、加害者の罪を軽減しようとするのです。また、被害者非難は、被害者を自分とは違う存在として見下す心理から生まれることもあります。被害者を非難することで、自分は被害者ではないと安心しようとするのです。

被害者非難は、被害者にとって非常に辛いことです。被害者は、すでに十分に辛い思いをしているのに、さらに被害者非難をされると、その辛さはさらに大きくなります。被害者非難は、被害者を孤立させ、二次被害に遭わせます。

被害者非難をなくすためには、被害者を理解し、支えることが大切です。被害者を非難するのではなく、被害者をサポートすることで、被害者は回復していくことができます。

被害者非難をなくすために、私たちができることはいくつかあります。一つは、被害者について正しく理解することです。被害者非難をする人は、被害者について誤った理解を持っていることが多いです。被害者について正しく理解することで、被害者を非難するような発言を避けることができます。

また、被害者を支えることも大切です。被害者は、すでに十分に辛い思いをしているのに、さらに被害者非難をされると、その辛さはさらに大きくなります。被害者を支えることで、被害者は回復していくことができます。

被害者非難は、被害者を二次被害に遭わせ、さらに被害を拡大させる恐れがあります。被害者非難をなくすためには、私たち一人一人が、被害者を理解し、支えることが大切です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.