心理学用語

アベイラビリティ・カスケード(availability cascade)は、社会心理学において、ある情報や意見が広く共有されていることが、人々の判断や行動に影響を及ぼす現象です。

アベイラビリティ・カスケードの概念は、ティムール・クラン(Timur Kuran)とキャス・サンスティーン(Cass Sunstein)によって提唱されました。クランとサンスティーンは、アベイラビリティ・カスケードが、金融危機や社会不安などのさまざまな問題を引き起こす可能性があると警告しています。

アベイラビリティ・カスケードの例として、次のようなものが挙げられます。

* ある株価が下落すると、他の投資家もその株を売却する傾向があります。これは、株価の下落が他の投資家に「この株は危険だ」という信念を植え付けるからです。

* ある商品が品薄になると、他の消費者もその商品を買い求める傾向があります。これは、商品の品薄が他の消費者に「この商品は人気がある」という信念を植え付けるからです。

* ある噂が広まると、他の人々もその噂を信じてしまう傾向があります。これは、噂が広まると、その噂が真実である可能性が高いという印象を与えるからです。

アベイラビリティ・カスケードは、人々の判断や行動に大きな影響を与える可能性があります。そのため、アベイラビリティ・カスケードの影響について理解し、その影響から身を守ることが重要です。

アベイラビリティ・カスケードの影響から身を守るためには、次のことに注意することが大切です。

* 情報源を十分に確認する

* 自分の直感に頼らない

* 冷静に判断する

* 他人の意見に流されない

アベイラビリティ・カスケードは、人々の判断や行動に大きな影響を与える可能性があります。そのため、アベイラビリティ・カスケードの影響について理解し、その影響から身を守ることが重要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.