心理学用語

フラッシュラグ効果(flash lag effect)とは、静止した物体と動いている物体があるとき、動いている物体が静止した物体よりも前に位置しているように見える錯覚のことです。

この錯覚は、1890年にドイツの心理学者ヘルマン・フォン・ヘルムホルツによって初めて報告されました。ヘルムホルツは、静止した物体と動いている物体を同時に点灯させたとき、動いている物体が静止した物体よりも前に位置しているように見える現象を発見しました。

この現象は、視覚系の処理速度の遅れが原因と考えられています。視覚系は、物体を認識するために、光を網膜に伝え、それを脳の視覚野に送ります。この処理には約100ミリ秒かかるため、動いている物体は、静止した物体よりも前に位置しているように見えることがあります。

フラッシュラグ効果は、スポーツなどの分野で問題になることがあります。例えば、サッカーでは、オフサイドの判定にフラッシュラグ効果が影響を与えることがあります。オフサイドの判定は、攻撃側の選手が守備側の選手よりも前に位置しているかどうかで判断されますが、フラッシュラグ効果により、攻撃側の選手が守備側の選手よりも前に位置しているように見えることがあります。そのため、オフサイドの判定が誤審になることがあります。

フラッシュラグ効果は、視覚系の処理速度の遅れが原因で起こる錯覚です。この錯覚は、スポーツなどの分野で問題になることがあります。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.