心理学用語

記憶の生成効果とは、覚える材料を自分で生成した場合に記憶成績が向上することを言います。

例えば、単語を覚えるときに、単語の意味を自分で説明したり、例文を作ってみたりすると、単語を覚えやすくなります。これは、自分で生成することで、記憶材料がより深く処理され、長期記憶に定着しやすくなるためと考えられています。

記憶の生成効果は、以下の2つの理由によって起こると考えられています。

深い情報処理: 自分で生成することで、記憶材料をより深く理解し、意味づけることができます。

ワーキングメモリの活性化: 自分で生成することで、ワーキングメモリが活性化され、記憶材料がより長く保持されます。

記憶の生成効果は、学習や記憶の向上に役立つ効果的な方法です。以下の場面で活用することができます。

暗記: 単語や歴史の出来事など、覚える必要がある情報を自分で生成して覚えることで、記憶成績を向上させることができます。

理解の向上: 文章や問題などを理解するために、自分で説明したり、例文を作ってみたりすると、理解度を深めることができます。

創造性の向上: 自分でアイデアを生み出すために、関連する情報を組み合わせたり、新しい視点から考えたりすると、創造性を高めることができます。

記憶の生成効果を活用することで、学習や記憶の効率を向上させることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.