心理学用語

道化恐怖症(どうけきょうふしょう、英語: Coulrophobia)は、ピエロや道化師を恐怖に感じる恐怖症の一種です。ピエロの特徴的な顔や服装、動きなどが、恐怖や不安を引き起こす原因となります。

道化恐怖症の原因は、はっきりと解明されていませんが、以下のようなことが関係していると考えられています。

* 幼少期に、ピエロにいたずらをされた、または怖い思いをした経験がある。

* ピエロの特徴的な顔や服装、動きが、不気味や異様な印象を与える。

* ピエロが、危険や脅威の象徴として認識されている。

道化恐怖症の症状は、以下の通りです。

* ピエロを見たり、話を聞いたりすると、恐怖や不安を感じる。

* ピエロがいる場所を避ける。

* ピエロを見たり、話を聞いたりすると、心臓がドキドキしたり、汗をかいたり、震えたりなどの身体症状が出る。

* ピエロを見たり、話を聞いたりすると、吐き気やめまいなどの症状が出る。

道化恐怖症の治療は、認知行動療法(CBT)が有効です。CBTでは、恐怖の原因を理解し、恐怖を克服するための方法を学びます。

道化恐怖症は、珍しい恐怖症ではありません。世界中の多くの人が、道化恐怖症に苦しんでいます。もし、道化恐怖症に悩んでいる場合は、専門家に相談することをお勧めします。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.