心理学用語

リープマン効果とは、隣り合う色の明度差が小さい場合に、その境界が不明瞭に見えたり、ハレーションしたりする現象です。この効果は、1915年にドイツの心理学者、ゲオルグ・リープマンによって最初に報告されました。

リープマン効果は、隣り合う色の明度差が小さい場合に、視覚システムが隣り合う色の平均値を推定してしまうために起こります。たとえば、黒と白の縞模様の境界は、明度差が大きいため明確に見えます。しかし、黒と濃いグレーの縞模様の境界は、明度差が小さいため、境界が不明瞭に見えたり、ハレーションしたりします。

リープマン効果は、視覚システムが色を認識する際に、周囲の色の影響を受けることを示しています。この効果は、デザインや印刷などの分野で、色の組み合わせを検討する際に重要です。たとえば、リープマン効果を避けるために、隣り合う色の明度差を大きくしたり、コントラストを強めたりすることが効果的です。

リープマン効果は、視覚システムの限界を示しているだけでなく、視覚システムの柔軟性も示しています。視覚システムは、周囲の色の影響を受けて、色の情報を補正することができます。この能力は、私たちが複雑な環境の中で、物事を正確に認識するのに役立っています。

リープマン効果は、視覚システムの研究において、重要な現象の一つです。この効果は、視覚システムの働きを理解する上で、重要な役割を果たしています。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.