心理学用語

自由連想法(じゆうれんそうほう)とは、精神分析において用いる技法の一つで、患者が自由に言葉を連想していくことを促すことで、無意識の領域にある思考や感情を明らかにするものです。自由連想法は、精神分析の創始者であるジークムント・フロイトによって開発されました。

自由連想法では、患者は精神分析医の前に座り、目を閉じて、自由に言葉を連想していきます。精神分析医は、患者の言葉を遮ったり、評価したりすることなく、ただ聞き続けるだけです。患者は、最初はうまく言葉が浮かばないかもしれませんが、徐々に自由に言葉を連想できるようになっていきます。

自由連想法では、患者が連想する言葉には、無意識の領域にある思考や感情が反映されています。精神分析医は、患者の言葉を分析することで、患者の無意識の領域にある思考や感情を明らかにし、患者の精神的な問題を解決します。

自由連想法は、精神分析における最も重要な技法の一つです。自由連想法によって、患者の無意識の領域にある思考や感情を明らかにし、患者の精神的な問題を解決することができます。

自由連想法には、いくつかのメリットがあります。

* 患者の無意識の領域にある思考や感情を明らかにすることができます。

* 患者の精神的な問題を解決することができます。

* 患者の自己理解を深めることができます。

* 患者の創造性を高めることができます。

自由連想法には、いくつかの注意点もあります。

* 患者は、自由に言葉を連想する必要があります。

* 精神分析医は、患者の言葉を遮ったり、評価したりしてはいけません。

* 自由連想法は、時間がかかります。

自由連想法は、精神分析において非常に効果的な技法です。しかし、自由連想法は、時間がかかり、患者の協力が必要なため、すべての人に適しているわけではありません。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.