心理学用語

情動ヒューリスティックとは、意思決定において、感情的な要素を基準に判断するヒューリスティックです。このヒューリスティックは、心理学者のポール・スロビックによって提唱されました。

スロビックは、人々は意思決定を行う際に、膨大な量の情報処理を行うのは困難であるため、ヒューリスティックと呼ばれる簡易な判断方法を用いていると提唱しました。情動ヒューリスティックは、その中でも最も原始的なヒューリスティックの一つです。

情動ヒューリスティックは、私たちの日常生活で頻繁に用いられています。例えば、新しい商品を購入する際、私たちは商品の価格や機能だけでなく、商品のデザインやブランドイメージにも影響を受けます。また、就職活動においても、私たちは企業の給与や福利厚生だけでなく、企業の雰囲気や社員の印象にも影響を受けます。

情動ヒューリスティックは、私たちの意思決定を迅速かつ効率的に行うのに役立ちます。しかし、情動ヒューリスティックは、必ずしも合理的な意思決定につながるとは限りません。例えば、私たちは、感情的な理由で、リスクの高い選択をしてしまうことがあります。また、私たちは、感情的な理由で、間違った情報に騙されてしまうこともあります。

情動ヒューリスティックを利用する際には、合理的な判断をするために、自分の感情に注意する必要があります。また、自分の感情に影響を与える情報に注意する必要があります。

情動ヒューリスティックは、私たちの意思決定に大きな影響を与えるヒューリスティックです。情動ヒューリスティックを理解することで、私たちはより合理的な意思決定を行うことができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.