心理学用語

スティンザー効果(Stinszer effect)とは、アメリカの心理学者であるスティンザーが提唱した、人間の行動を促進する要因と抑制する要因がバランスをとっている状態において、行動が最も活発になるという効果です。この効果は、1965年にスティンザーが行った実験によって発見されました。

スティンザーの実験では、ネズミを迷路の中に入れて、エサを見つけるまで走らせました。その結果、ネズミは最初はゆっくりと迷路を走っていましたが、エサに近づくにつれて走る速さが速くなっていきました。そして、エサを見つけると、ネズミはエサを食べながらしばらく迷路を走り続けました。

スティンザーはこの実験の結果から、人間の行動は、行動を促進する要因と抑制する要因がバランスをとっている状態において、最も活発になると考えました。この要因のバランスが崩れると、行動は活発でなくなると考えたのです。

スティンザー効果は、ビジネスや教育などの場面で応用されています。たとえば、ビジネスでは、従業員のモチベーションを高めるために、目標を設定したり、評価制度を導入したりしています。教育では、生徒の学習意欲を高めるために、適切な課題を与えたり、フィードバックを提供したりしています。

スティンザー効果は、人間の行動を理解する上で重要な概念です。この効果を理解することで、私たちは、より効果的に人々を動機づけ、行動を促進することができます。

以下に、スティンザー効果の応用例をいくつかご紹介します。

* ビジネス:目標を設定したり、評価制度を導入したりすることで、従業員のモチベーションを高めることができます。

* 教育:適切な課題を与えたり、フィードバックを提供したりすることで、生徒の学習意欲を高めることができます。

* スポーツ:勝利への期待や、観客からの応援によって、選手のパフォーマンスが向上することがあります。

* 政治:選挙で当選したい候補者は、有権者の支持を得るために、政策を掲げたり、演説を行ったりすることがあります。

スティンザー効果は、私たちの日常生活のあらゆる場面で起こっています。この効果を理解することで、私たちは、より効果的に人々を動機づけ、行動を促進することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.