心理学用語

ジョハリの窓(Johari window)とは、アメリカの心理学者であるジョセフ・ルフト(Joseph Luft)とハリー・インガム(Harry Ingham)によって考案された、人間関係における自己の開示と自己認識を図るための概念です。

ジョハリの窓は、4つの領域に分けられます。

* **公開の窓(Open window)**:自分も相手も知っている自分。

* **隠された窓(Hidden window)**:自分は知っているけれど、相手は知らない自分。

* **盲点の窓(Blind window)**:相手は知っているけれど、自分は知らない自分。

* **未知の窓(Unknown window)**:自分も相手も知らない自分。

公開の窓が大きいほど、相手との関係は深く、信頼関係は築きやすくなると考えられています。一方、隠された窓が大きいほど、相手とのコミュニケーションは困難になると考えられています。

ジョハリの窓は、自己分析や他者理解に役立つツールです。自分の公開の窓を大きくするためには、自分のことを相手に伝えることが大切です。また、相手の盲点の窓を知るためには、相手の話をよく聞き、相手の視点に立って考えることが大切です。

ジョハリの窓を活用することで、より深い人間関係を築くことができます。

以下に、ジョハリの窓を活用する具体的な方法をいくつかご紹介します。

* 自分のことを相手に伝える。

* 相手の話をよく聞く。

* 相手の視点に立って考える。

* 相手に自分の気持ちを素直に伝える。

* 相手の気持ちを理解しようとする。

* 相手を信頼する。

ジョハリの窓は、人間関係をより良くするための有効なツールです。ぜひ、活用してみてください。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.