心理学用語

機能的固定(functional fixedness)とは、ある物が通常どのように使われるかに固執してしまい、他の用途に転用する発想が浮かばなくなる現象です。これは認知心理学においてよく研究されている認知バイアスのひとつです。

機能的固定が起こる理由のひとつは、私たちが日常的に物体とその用途を結びつけて認識しているためです。たとえば、ハサミは切る道具であり、ボールペンは書く道具であるというように、物体とその用途は固定されてしまいます。そのため、ハサミを切る以外の用途で使うことを思いつかないことがあります。

機能的固定が起こるもうひとつの理由は、私たちが物体の構造に固執しているためです。たとえば、ハサミは刃が交差する構造になっており、この構造は切るための機能に最適化されています。そのため、この構造を無視して、ハサミを別の用途で使うことを思いつかないことがあります。

機能的固定は、私たちの創造性を阻害する要因となり得ます。たとえば、ある物が通常どのように使われるかに固執していると、その物が他の用途に転用できる可能性を見逃してしまうことがあります。そのため、機能的固定を克服することは、創造性を発揮するために重要です。

機能的固定を克服するためには、物体とその用途を固定しないように意識することが重要です。また、物体の構造に固執しないように意識することも重要です。さらに、物体を違う視点から見るようにすることでも、機能的固定を克服することができます。

機能的固定は、私たちの日常生活にも影響を与える認知バイアスです。機能的固定を克服することで、私たちはより創造的になり、問題解決能力を向上させることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.