心理学用語

ピートのパラドックスとは、体が大きい生物ほど細胞数が多く、がんが発生する可能性が高くなるはずであるにもかかわらず、実際には体の大きさに関係なく、がんが発生する確率がほぼ同じであるという現象です。

この現象は、1977年にイギリスの疫学者リチャード・ピートによって初めて報告されました。ピートは、体重が100倍違うマウスとヒトについて、がんが発生する確率を比較しました。その結果、マウスはヒトに比べてがんが発生する確率が約100倍低いことがわかりました。

ピートのパラドックスは、がんの原因と発症メカニズムに関する理解を深めるために、多くの研究が行われています。しかし、その原因は完全には解明されていません。

いくつかの研究では、体の大きさが大きくなるほど、がんを抑制するシステムが効率的に働くようになることが示唆されています。また、体の大きさが大きくなるほど、がんが発生する細胞の数が増える一方で、がんを検出するシステムも効率的に働くようになることも示唆されています。

ピートのパラドックスは、がんを予防・治療するための新たな戦略の開発につながることが期待されています。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.