心理学用語

集団浅慮(groupthink)とは、集団が意思決定を行う際に、メンバーの意見が一致することを求めるあまり、批判的な思考が抑制され、結果として、不合理な決定を下してしまう現象です。

集団浅慮は、1972年にアメリカの心理学者であるアーヴィング・L・ジャニスによって提唱されました。ジャニスは、集団浅慮の原因として、以下の5つを挙げています。

1. 集団の結束を維持したいという欲求

2. リーダーの影響力

3. 集団の規範

4. 少数派の意見に対する圧力

5. 時間的制約

集団浅慮は、企業や組織の意思決定において、大きな問題を引き起こす可能性があります。たとえば、集団浅慮に陥った企業は、リスクを過小評価したり、新しいアイデアを受け入れにくくなったりしてしまいます。また、集団浅慮に陥った組織は、意思決定が遅れたり、不透明になったりする可能性があります。

集団浅慮を防ぐためには、以下の点に注意する必要があります。

* 集団の結束を維持したいという欲求を抑制する

* リーダーの影響力を抑制する

* 集団の規範を柔軟にする

* 少数派の意見を尊重する

* 十分な時間をかけて意思決定を行う

集団浅慮は、誰でも陥る可能性がある現象です。集団浅慮を防ぐためには、集団のメンバー一人ひとりが、集団浅慮のリスクを認識し、注意を払うことが重要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.