心理学用語

性格心理学とは、人間の性格を研究する心理学の分野です。性格とは、人間の行動や思考、感情を特徴づける一貫したパターンです。性格心理学では、性格の形成要因、性格の分類、性格と行動の関係などを研究しています。

性格の形成要因には、遺伝、環境、経験などがあります。遺伝は、性格の基礎となる素質を決定します。環境は、性格の成長と発達に影響を与えます。経験は、性格を形成する上で最も重要な要因です。

性格は、大きく分けて5つの要素に分類されます。これらの要素は、相互に影響し合っています。

* 外向性:社交的、活発、活動的

* 内向性:内向的、静か、思慮深い

* 神経症傾向:不安、緊張、ストレスを感じやすい

* 開放性:好奇心旺盛、冒険心旺盛、新しいことに挑戦する

* 調和性:協調的、思いやりのある、他人に優しい

性格と行動の関係は、性格が行動を決定するわけではないものの、性格は行動に影響を与えます。例えば、外向的な人は、社交的であるため、人脈を広げやすいです。内向的な人は、内向的であるため、一人で過ごす時間が好きな傾向があります。神経症傾向が高い人は、不安や緊張を感じやすいため、ストレスを抱えやすいです。開放性が高い人は、好奇心旺盛であるため、新しいことに挑戦することが多いです。調和性が高い人は、協調的であるため、チームワークが得意です。

性格心理学は、人間を理解し、人間関係を円滑にするために役立ちます。性格を知ることで、自分自身を理解し、自分の強みや弱みを理解することができます。また、他人の性格を知ることで、他人の行動を理解し、他人と円滑にコミュニケーションをとることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.