心理学用語

しくじり効果とは、失敗を経験することで、人間が成長し、より良い結果を得ることができるという効果です。

しくじり効果は、1990年代に、アメリカの心理学者であるマーティン・セリグマンによって提唱されました。セリグマンは、人間には「学習性無力感」という状態があると指摘しました。学習性無力感とは、失敗を繰り返すことで、自分の努力が報われないという無力感に陥り、やる気を失ってしまう状態です。

しかし、セリグマンは、失敗を経験した後でも、適切に処理することで、学習性無力感を克服し、成長することができると主張しました。適切な処理とは、失敗の原因を分析し、次にどうすれば失敗を避けられるかを学ぶことです。

しくじり効果は、ビジネスやスポーツなど、さまざまな分野で応用されています。たとえば、ビジネスでは、失敗したプロジェクトから学び、次に成功するためのノウハウを蓄積することができます。スポーツでは、失敗した試合から学び、次に勝つための戦術を練ることができます。

しくじり効果は、人間が成長し、より良い結果を得るための重要な要素です。失敗を恐れずに、失敗から学び、成長していくことで、人はより大きな成功を収めることができるのです。

しくじり効果をより効果的に活用するためには、以下のようなポイントを押さえておくことが重要です。

* 失敗を認める

* 失敗の原因を分析する

* 失敗から学ぶ

* 次に成功するための計画を立てる

* 失敗を恐れない

しくじり効果を活用することで、人は失敗を乗り越え、成長することができます。失敗を恐れずに、失敗から学び、成長していくことで、人はより大きな成功を収めることができるのです。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.