心理学用語

顕示効果とは、商品の価格が高いほど、むしろ需要が拡大する現象です。これは、商品の価格が高いことを示すことで、自分の社会的地位を高めたり、他人からの注目を集めたりしたいという心理が働くためです。

顕示効果は、19世紀のアメリカの経済学者トマス・ヴェブレンによって提唱されました。ヴェブレンによると、顕示効果は、富裕層や上流階級の人々を中心に起こる現象です。これらの人々は、自分の経済力を誇示するために、高価な商品を買う傾向があります。また、高価な商品を買うことで、他人からの尊敬や羨望を得ることができると考えている人もいます。

顕示効果は、高級ブランド品や高級車などの消費によく見られます。これらの商品は、価格が高いだけでなく、独特なデザインや機能を持っていることが特徴です。そのため、それらを持っていることで、自分の個性やステータスを表現することができます。

顕示効果は、経済学やマーケティングにおいて重要な概念です。企業は、顕示効果を理解することで、高価格帯の商品の販売を促進することができます。また、消費者は、顕示効果に惑わされないように、自分の経済状況やニーズに合った商品を選ぶことが大切です。

顕示効果を理解することで、私たちは、より合理的な消費行動をとることができるようになります。また、顕示効果を悪用する企業や個人を識別し、警戒することもできます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語で深掘り!心の不思議 All Rights Reserved.